• HOME
  • みらい園ニュース

みらい園ニュースnews

2022.08.03高原の夏

コロナ感染第7波がやってくる直前に、年長クラスの親子(家族)と清里高原に行ってきました。はじめてのお泊り企画。清泉寮自然学校に一泊し、周辺に広がる森の中で自然の不思議や、面白さに出会う旅。さてどうなることやらとドキドキしながら、清里の地に降り立ちました。           ふたを開けてみたら、みんな笑顔で森を歩いていました。雄大に広がる山を眺めながら広い草原で思いっきり声を出したり、駆けまわったり。森の小川の水の冷たさに歓声をあげながら生き物を探したり、探検の先にあった「自然ふれあいセンター」では、動物たちのはく製や骨の展示にびっくりし、自然の素材で遊べるたくさんのアイディアに大喜びの子どもたち。夜のレクリエーションまで親子で楽しんでいただきました。2日目は保護者チームと子供チームにわかれて、それぞれインストラクターやレンジャーさんと森を探索。たっぷり自然と関わる時間を持ちました。保護者チームの大人向けプログラムでは、足元に広がる地面の中で小さな命の循環があり、回りまわって自分たちの生活に結び付いている・・なんて学びや、童心にかえってじっくりと虫の姿を見る時間などもあったようです。(園長は子どもチームの森遊びに同行したので、又聞きです) 皆さんに大好評だった今回の「親子自然の教室」。これをきっかけに、ご家庭でも自然に触れる旅に出かけてもらえたらと思っています。なんてたって自然は発見の宝庫! そこで生まれる遊びは無限大! みらい園が大切にしているものが詰まっている! また、行きたいなぁ。                  園長 柴田直美

 

8月の地域子育て支援はお休みとなります。9月にはコロナ感染が落ち着いて、開催できるといいなと思っています。また、お知らせします。

 

 

 

 

2022.07.01子育て支援「ひめりんごクラブ」の実施のお知らせ

地域子育て支援プログラムとして、地域の親子の皆さんにご参加いただいている「ひめりんごクラブ」を実施します。

日時:7月5日(火)
場所:フレーベル西が丘みらい園
内容:お話し・絵本・わらべ歌など

*予約は必要ありませんので、お気楽におお越しください。
お待ちしています。

 

2022.06.07田んぼあそび

今年も田んぼに行ってきました。
昨年の様子を見ている子どもたちは、はじめからわかって行く気満々でした。
一方、知っているけど泥んこは嫌だなという人もいて、どちらにするかは自分で決めて遊びました。
もちろん「入らない」という選択もありです!
今回、保護者の方もずいぶん勧めて下り、当日の朝に「やっぱり入る」という人もいましたが、
最後まで入らないを貫いた人もいました。職員や友だち、お母さん、お父さんの話や、おすすめの言葉を
どんな気持ちで聞いて、小さな胸で何を思っっていたのでしょうか。
自分の気持ちや、考えて決めたことを、みらい園ではできるだけ尊重したいと思っています。
入って遊ぶと決めた人たちは、ご覧のとおり、全身泥んこ!足が泥にとられるなか動き回って遊び
この日のお昼寝はぐっすりでした。   園長 柴田直美

2022.05.06みらい園のさくらんぼだよ

みらい園のひろばには早咲きの桜の木があります。毎年5月にはかわいいさくらんぼを実らせ、みんなを楽しませてくれます。
実はこのさくらんぼ、食べられるのです。先日幼児さんが収穫しました。
野性味のある甘酸っぱい味でしたが、みんな大喜びでした。
みらい園には、この他にいちご、ブルーベリー、ジューンベリーなどこれから次々に食べられる実が実ります。
子どもたちは、毎年とても楽しみにしているのです。
お腹をこわさないよう栄養士と連携を図りながら、季節の恵みを楽しみます。

開園以来、「楽しく・美味しく」を考えて給食もこだわってきました。
昨年は「ご飯が足りないよ~」というほどにみんな食べるようになってきました。
それが何よりもうれしくて、今年も「食育」を楽しんでいこうと思います。

5月10日(火)10:00~11:00 地域子育て支援ひめりんごクラブを予定通り開催いたします。
わらべうた・絵本の読み聞かせなどでゆったりと遊びませんか。お近くの方は是非遊びに来てくださいね。予約は要りません。

2022.04.05みらい園2022 スタート!

12名のあたらしいお友だちを迎え、みらい園の2022年度がスタートしました。
未だコロナ禍ゆえに、入園式は行いません。
そのかわりに入園記念のお写真を撮らせていただき、
飾らせていただくことで歓迎の気持ちを表しています。
この形も3年目となりますが、
入園・在園双方の子どもたちにとっても、職員にとっても
負担のないスタイルではないかと思っています。
みらい園は花いっぱいの春を迎えました。
シンボルツリーである「ひめりんご」の木も可憐な白い花がほころび始めました。
去年の秋に、年中・年長児と保護者、職員で作った花壇にも
パンジーやスノーポールなどが咲き、3月に卒園した子どもたちが春に咲くようにと
球根や種から育てていたチューリップ、ビオラも見事に花が咲きました。
きっと、お花たちも『いっぱいあそぼうね~!』と言っているのだと思っています。

 

Pagetop