• HOME
  • みらい園ニュース

みらい園ニュースnews

2019.07.29サンドアート

7月の土曜日に保護者と一緒にサンドアートを行いました。

みらい園の砂は砂の純度98%以上という宮崎県の川砂を使っています。太陽光にあたって乾いているときには、さらさらして細かい砂が手にも身体にも心地よい感触ですので、0歳児の子どもから砂遊びが大好きです。このさらさらした砂は、充分に水を含むと固まり、何段も重なった塔や、繊細な階段などのサンドアート作品を作ることができるのです。

サンドアートでは保護者の方に砂の魅力を体験してもらおうと昨年度の開園当初からはじめて、今回は2回目です。大人が本気で遊び、創作する楽しさを体験します。小さな人から誰もが夢中になれる砂。

大人のサンドアートに刺激を受けた幼児の子ども達は、大人に負けじとダイナミックな砂遊びに挑戦します。


みらい園では、行事へのあり方として「子どもと保護者が経験を共有すること」を大事にしています。大人が心から楽しむ、夢中になって取り組む、子どもは子どもとして参加する・・・子どもをお世話する役割で保護者が参加するのではなく、子どもは子どもとして楽しんでもらい、保護者も一人の大人として楽しんで参加する。こんな形の行事があってもよいのではないかと考えて、今年も職員みんなで智恵を出し合っています。

2019.07.08七夕集会

わらべうた「たんじ たんじ たなばた・・・」と口ずさみながら七夕の笹に願いを書きました。お昼には天の川のナプキンをしいて、七夕スペシャルメニュー(ちらし寿司、お吸い物、てんぷらなど)をいただきました。子ども達はいつにも増しておかわりをたくさんしました。

「えほんのもり」の天井には、天の川をかけました。何日もかけて保護者の方々にご協力いただいた作品です。毎朝、必ず輪をつなげていかれるお父さん、夕方子どもと一緒に輪をつなげるお母さん、家に持ち帰って輪をたくさん作ってきた方も・・・おかげさまで、今年は昨年よりも長くなりました。光が天の川からゆるやかに見えて、えほんのもりはより一層温かみを増しています。

来年はもっと長い川になりますように。

2019.06.19「地域子育て支援ひめりんご」7月の開催のお知らせ

フレーベル西が丘みらい園では、毎月1回、地域のお子さんと保護者の方向けに「ひめりんごの会」を行っています。絵本やわらべうたを楽しみ、お子さんの遊びを一緒に見守り、ゆったりとした時間を過ごしています。


次回の子育て支援は7月16日(火)10:00からの開催予定です。予約は必要ありませんので、直接園までお越しください。お天気が良ければガーデンで遊びます。水の感触も楽しみたいと考えていますので、お子さんの着替えをご用意ください。

2019.06.04苗植え会

5月末、ガーデンで野菜の苗を植えました。

夏野菜のキュウリ、ミニトマト、ナス。サツマイモは秋の収穫を楽しみに1本、1本丁寧に植えました。

昨年は猛暑の中、苗が枯れないようにと子どもたちが毎日水やりをしたお陰で、夏にはたくさん野菜の収穫がありました。それをキッチンに持っていき、給食で使ってもらいました。

今年も一生懸命世話をして、野菜の成長を見守ります。夏には新鮮な野菜を給食で使ってもらいましょう。

昨年はサツマイモをでこぼこ広場で焼き芋にしてみんなで食べたことを覚えている子どもたち。今年も焼き芋ができるように、大きくなあれと育てます。

2019.05.22アジの開きの実演

今日の献立はアジのフライです。新鮮なアジが魚屋さんから届きましたので、栄養士が子どもの目の前でアジを三枚に下ろしてくれました。子ども達は事前に魚の図鑑でアジを確認。「この魚だよ!」と写真を指差し、目の前のアジをみて「そっくりだね」

栄養士さんがさばいている時には、「血が出ている!」「骨があるねぇ。」「おいしそう!」と声があがります。もちろん、この日のアジのフライは「おかわり!」の声が響きました。

みらい園では食育活動の一環として毎月のようにクッキングや食にかかわる活動をしています。ガーデンではこれから夏野菜の苗植えがはじまります。苺の収穫も始まっています。今年はどんな楽しみが広がっていくのでしょうか。

Pagetop