• HOME
  • みらい園ニュース

みらい園ニュースnews

2021.06.03<季節をたのしむ! 初夏の風景>

 

今年も屋上のコンテナ菜園に、トマト・きゅうり・枝豆・ピーマン
・おくら、そしてサツマイモを植えました。これから数か月、生育
を見守りながら実りの時を待ちます。暑い日には水やりをし、時に
アブラムシにびっくりしたり、収穫したものの裏側が虫に食べられていて
がっかりしたり、そんなことも含めて生命を感じる。

今年は自然観察公園の体験農園の田んぼでの泥んこ遊びや、
ご近所さんの梅の実を取らせて頂いたりと、地域の中で多くのことを
経験することが出来ました。

いろいろな経験・体験から「実感」する。五感を働かせて「感じる」。
そのことをとても大切にしています。

 

 

2021.05.11子育て支援「ひめりんご」中止のお知らせ

子育て支援「ひめりんご」は緊急事態宣言の延長を受けて
中止といたします。
早く地域の皆様にお会いしたい。
いっしょに楽しい時間を過ごすしたいと思っております。
6月にはおいでいただけることを祈って!

2021.04.16入園おめでとう

2021年度がスタートしました。
毎年4月の初めには、エントランスのひめりんごの木が真っ白な花を咲かせます。
今年も新入園のお友だちを励ますように、
みらい園全体を祝福するかのように、満開の中で新年度を迎えました。
数日はかわいい泣き声の合唱が聞こえましたが、2週間を過ぎ、少しづつ慣れて笑顔の方が多くなってきました。
みんなの好きなことはなに?
好きなことでたくさん遊ぼう!
今は、どんな気持ちかな?
寂しくて泣きたい時は泣いてもいいよ。
みらい園は一人ひとりの気持ちを大切にします。
開園から4度目の春、ほぼ定員通りの人数となり園内はにぎやかです。
さて今年はどんなたのしい年になるのでしょうか?

2021.02.10<節分の集い 2月2日(火)>

今年は124年ぶりに2月2日が節分の日でしたね。
みらい園では毎年、節分の前に子ども達と話し合いをします。
節分といえば「豆まき」ですが、邪気を払う意味で豆をぶつけて
鬼を追いはらい、福を呼び込みます。
今年の子ども達は、「嫌な気持ちや怒りたい気持ち」の鬼(上の絵)、
「面倒くさい気持ち」の鬼(下の絵)をつくりました。
そんな気持ちを追いはらおうと、子ども達は自分たちで作った
紙の豆をぶつけました。

園の玄関に飾ってあったヒイラギとイワシの頭の意味を先生が
説明します。「うへぇ~!すごいにおい」などと言いながら
神妙に話を聞いた後に、豆まきをしました。

小さいクラスの人たちはクラスで行い、幼児クラスは集いをもって
追い出したい気持ちをみんなで確認した後に、「鬼は外、福は内」
思いっきり豆をぶつけていました。
恵方の方向を確認して、給食では恵方巻きをいただきました。

2021.01.14<2021年度 栄養士の募集(産休代替職員)>


2021年4月1日より勤務できる非常勤の栄養士を募集いたします。


6月半ばから当園職員が産休に入りますので、引き継ぎ期間を
含めて4月から勤務できる方を募集いたします。
宜しくお願いいたします。

園長 汐見和恵

Pagetop